七五三の起源は室町時代。
医療などが今ほど発達していない当時の乳幼児は生き延びることが難しく、病気予防のために髪をそっていました。
 
乳児から幼児への節目のお祝いとして
3才を迎えた男女児が髪を伸ばし始める
「髪置きの儀」が三才のお祝いの由来となっております。
 
男児が初めて袴をはく「袴着」が5才のお祝いの由来です。
「袴」という大人が公の場で身につける衣服を着用すると言うことで、
男として社会の一員となると言う意味があります。
 
7才になると幼児の着物(三つ身)&付け帯(付け紐)から
本裁ちの長着を着て、初めて大人と同じ帯を締めました。
現代の七五三は幼女から少女になったことを
祝う『帯解きの儀』に由来します。
現代のように医療も発達していない当時は
「7才までは神のうち」といわれたように
こどもが生き延びることが難しく
無事に育つこどもは幸運とされ、
7才を迎えて初めて社会の一員として認められました。
 
いずれにいたしましても、お子様にとっては一生に一度、
しかも、先送りにはできないお祝いです。
そしてそれは、ご両親さまにとっても一生に一度。
その大切な日を、お支度させて頂き、未来のご本人様の為に写真としてお残しする。
私たちは、プロ集団としてこの仕事に誇りをもち、お客様とともにご成長をお祝いし、
一手一手に心をこめてお支度してまいります。
 
 
前鳥神社
平塚・前鳥神社
美容室HIP
美容室HIP
成人式
成人式・卒業式
和装ブライダル
和装婚礼
ブライズルームヒップ
ブライズブログ
七五三
七五三